マレーシア ジョホールバル 移住

2度目の海外でジョホールバル移住 > マレーシア移住準備 > 移住へ最初の障壁

移住へ最初の障壁

2011年2月 4日
ジョホールバルへの移住を決めた際、手配したのは片道の航空券だけでした。何しろ、当面戻ってくる予定はなかったので。

片道の航空券は往復に比べて割高なものの、格安航空券を買って片道だけしか乗らないと、満額(正規料金分)を請求されることもあるという話しを聞いたので、エアアジアで片道の航空券だけ買って、後は必要な衣類等を持っていけば済むはずでした。

しかし、調べてみるとマレーシアへの入国は、ビザを持っていない場合、帰りの航空券、もしくは第三国へ出国する際の航空券がないとダメであるらしいのです。

ネットを調べると、問題なく入国できたという体験談もある反面、危険視する意見もありました。日本にあるマレーシア大使館に電話で問い合わせたところ、やはり出国用の航空券がないと、入国を保証できないという話でした。

ただし、確定的に必要なわけではなく、マレーシアに入国できない可能性が残るという微妙なニュアンスです。それでも、やはり入国できないのは困るので、帰りの片道航空券をANAで購入し、後日キャンセルすることにしました。

払い戻し手数料が1000円かかるらしいですが、移住の第一歩でつまづくよりは、だいぶマシだと思い、安心を買うつもりで、そうした結果になりました。


PS.後日談ですが、移住のためにマレーシアに訪れた際、さらにはその後に旅行に行ってマレーシアに戻ってくる際も含め、航空券の提示を求められることはありませんでした。

他のマレーシア移住者に聞いても、そんなルールがあったことを知らない人が大半なので、帰りの航空券は特に必要ないと考えてよさそうです。
|  次の記事「マレーシアへの出発前夜」 »
 
民事再生