マレーシア ジョホールバル 移住

2度目の海外でジョホールバル移住 > マレーシアの行事 > マレーシアのチャイニーズニューイヤー(旧正月)

マレーシアのチャイニーズニューイヤー(旧正月)

2012年1月23日
本日から中国で言うところの旧正月、チャイニーズニューイヤーに突入した影響で、昨日の夜の日付が変わったタイミングから、ジョホールバルのいたるところで花火が打ち上げられています。

マレーシアはイスラム教の国ですが、様々な民族が住んでいるので、それぞれの宗教や民族ごとにこうしたお祭りが行われるという話です。得のジョホールバルは華僑系が多く住んでいる街なので、今回のチャイニーズニューイヤーは日本で言う所の正月のような感じで、街中の多くの店が閉店しています。

1月1日から始まる暦の上での正月の際には普段とほとんど変わらなかった(若干花火は上がっていた)のに対して、今回の旧正月は花火を除けば街が静かになっている印象です。日本人がイメージする正月に近いのは、チャイニーズニューイヤーの方でしょう。

それにしても、こちらで打ち上げる花火は個人レベルなので、とにかくあっちこっちで打ち上げられています。それぞれの規模は小さいのですが、色々な方角で上がっているので、日本の花火大会とは違った雰囲気です。

それにしても、夜中に花火が立て続けに上がると妙にソワソワします。見逃したくない気持ちと、もう寝たい気持ちの両方がありますね。
« 前の記事「マレーシアは野良犬が多い」  |  次の記事「マレーシア移住が資金面で可能になった理由」 »
 
民事再生