マレーシア ジョホールバル 移住

2度目の海外でジョホールバル移住 > 隣街シンガポール
お金の問題から解放されてマレーシアに移住できた理由とは?
名字
メールアドレス


ジョホールバルに住みシンガポールで遊ぶ

マレーシア最南端の街、ジョホールバルはコーズウェイという道路によって、シンガポールまで地続きとなっています。30分もあればシンガポールまで行けてしまうので、国境があるとは言え、実際には隣町という感覚があります。

シンガポールは世界でも有数の成長を見せている国で、街並みも洗練されています。グルメ、ショッピングでも世界トップクラスなので、遊ぶには不自由しません。ただ、ここに暮らすには相当な収入が必要になります。

これに対し、ジョホールバルは体感として、シンガポールの3分の1程度の物価や家賃で生活できます。そうなると、週末だけ、あるいは遊びにいきたい時だけシンガポールに行き、日帰りで帰ってくるというのも、賢い選択になるでしょう。

何しろ、片道30分なのです。これなら、同じ街の中での移動と変わりありません。国境を超えるとは言え、出入国審査もパスポートを見せれば簡単に終わるので、ストレスになるほどのものでもないのです。

物価の安いジョホールバルに住みつつ、遊ぶ時や買い物にはシンガポールを利用。これはコストを抑えながら世界の中でも指折りの場所で楽しむために賢い方法だと思います。

ジョホールバルからの旅行はチャンギ空港

ジョホールバルから海外に出る場合、シンガポールのチャンギ空港が鍵となります。ジョホールバルにも空港はあるものの、国内線が中心になるため、使い勝手はよくありません。

チャンギ空港までの時間は住んでいる地域によって大きく変わってしまうものの、ジョホールバルの中心地、シティスクエアからだったらタクシーで1時間程度です。つまり、東京に住んでいる人が羽田空港に行く感覚で、となりの国に行けるのです。成田まで行くよりもよほど近いという感覚ですね。

たとえば、日本に戻る場合には、ジョホールバルの空港ではなく、チャンギ空港を利用するのが通常です。日本に戻る際にも、ちょっとした海外旅行ができるのです。地続きなので、いまいち実感はないですが・・・。


ジョホールバルからシンガポールへ行くと、街並みが明らかに変わります。さすがにシンガポールは近代的で洗練されています。物価や家賃が高いので、移住対象としてはハードルが高いものの、住みやすいのは間違いないでしょうね。

チャンギ空港も使い勝手がよいので、早めに着いても困りません。チャンギ空港内ではインターネットを無料で使えますし、当然ながら清潔です。椅子が固いことを除けば、本当にくつろげます。
« 前のカテゴリ 

管理人

マレーシア移住者


ジョホール侍

詳しいプロフィール

親子で移住するなら

子供の教育を
ジョホールバルで受けさせるなら、 このページは必ず
チェックしておいてください。


ジョホールバル親子留学
実践者の体験談

■カテゴリー

 
民事再生