マレーシア ジョホールバル 移住

2度目の海外でジョホールバル移住 > マレーシア移住記 > ジョホールバル賃貸物件探し

ジョホールバル賃貸物件探し

2011年2月15日

ホテルはあらかじめネットで(Hotels.com)予約してあったので、そこへ向かった。


駅から通常なら徒歩3分ほどだが、重い荷物を抱えての移動だったので、体にこたえた。


到着後、Hotels.comの確認番号を伝えればいいと思っていたら、プリントアウトした紙がなければいけないとのこと。


そもそも、そのホテルではインターネットが使えないらしい(スタッフが業務用に使うこともないらしい)。


仕方ないので、紹介された24時間営業のインターネットまで、荷物を抱えて移動した。


そして、再びホテルに戻ってショックな結果が待っていた。


予約の日時が間違っている。


なぜかチェックインがクアラルンプールに向かって飛行機に搭乗する日、チェックアウトが翌日、つまりクアラルンプールに到着、夜にジョホールバルへ向かって夜行列車に乗り込む日になっていた。


上司に電話で確認は取ってくれたものの、やはりその予約は無効となってしまった。


完全に自分のミスなので仕方ないが、朝から落ち込む出来事となってしまった。


その時点で時間は7時頃。


そのホテルは現在満室なため、チェックアウト後の12時までは部屋に入れないとのこと。


ホテル宛に不動産業者からの連絡が来る予定なので、これには困った。


そこで、向かいにあったホテルへ。


その連絡先をメールで不動産業者に伝え、シャワーを浴びてから朝食を買いに駅に戻った。


テイクアウトのインド料理を買ってきて部屋へ。


いつ連絡がくるか分からないため、とにかく待つ。


10時に電話が鳴り、その数分後には車で迎えにきてくれた。


事前に伝えてあった予算を考慮し、候補となる物件が4件。


まず、1件目は夢のような部屋だった。


キレイな建物、プール付、3つのベッドルーム、備え付けの家具も洗練されている。


家賃は2000リンギット(1リンギット27円なら54000円)。


東京や周辺なら、粗末な1人暮らしの部屋しか借りられないのに、ジョホールバルでは文句なしの部屋だった。


こんな部屋でいつか生活できればいいと思うような部屋に、5万円代で住める。


ただし、1人暮らしには広すぎた。


掃除の問題もある。


残りの3つの物件は、すべて同じ建物内。


間取り、料金がそれぞれ異なっていた。


結局、その建物の中で最初に見た部屋、ベッドルームが一つ、仕事部屋、リビング、キッチン、ユニットバスという部屋に決めた。


家賃は1700リンギット(先ほどの1リンギット27円のレートなら45900円)。


レートは変動するが、1リンギットが30円になっても、5万円1000円なので格安だが、広々とした部屋が3つ、キッチンも立派だ。


この建物、廊下は古ぼけているし、キレイとは言えない。


そこが最初の建物に比べて大きく見劣りするが、部屋の中は3つともキレイで広い。


そしてプールも付いている。


ほかの部屋は2つ~3つのベッドルームがある中、最終的に1ベッドルームで仕事部屋が付いているこの部屋を選んだのは、本気で仕事に打ち込める環境がほしかったため。


ジョホールバル移住という目標はすでに達成されようとしている以上、ここからの1年はビジネスと投資で成長することが目標となる。


そのために戦える環境。


日本から人を呼び、豪華な暮らしを自慢したければ、来客用のベッドルーム(シャワールーム・トイレも来客用にあり)があった方がよいだろう。


しかし、それは目的とまったく違う。


成長という一点にフォーカスするなら、ベッドルームの数を増やすより、仕事に打ち込める環境があり、ムダに広くない部屋こそが理想と判断した。


結局、2時間とかからずに移住先の部屋を決定することができた。

« 前の記事「真田孔明氏登場」  |  次の記事「ジョホールバルで詐欺に遭いました」 »
 
民事再生